今年度2回目の認知症家族教室が6月16日(土)に行われました。
今回は7家族が参加し、「社会資源(退院支援)について」「心理検査について」というテーマで福村碧精神保健福祉士と番作桐子心理士が講師として話をしました。

講義後の座談会では、講義の質問の他、実際にご家族が施設入居した経験やこれから退院に向けてどのようにしたらよいかとの不安や迷いを話し合う場となりました。参加されたご家族の皆さんにとって、認知症家族教室が少しでもかかわりの参考になったり、ホッとした気持ちになることができる場となれば幸いです。参加頂いたご家族の皆様、ありがとうございました。

認知症家族教室は、認知症の治療で岡部病院にご入院中の方や、病院または岡部診療所に外来通院されている方のご家族を対象に実施しております。
次回は8月25日(土)に『施設見学』として特別養護老人ホーム第二万陽苑と介護老人保健施設あっぷるを見学する予定となっております。たくさんのご参加をお待ちしております。