5月13日(土)に「IMR(リカバリーと病気の自己管理)について」をテーマに家族教室が行われ、9家族11名のご家族様の参加がありました。
講師の野哲郎作業療法士より、リカバリーとは何か、その為に大事な考え方や、関わり方についてクイズを交えながら、分かりやすくお話しがありました。
当事者が満足し、納得できる生活の実現には、家族、支援者は当事者の考えを大切にする関わりが大切との事でしたが、カフェタイムでは、「分かっているけど、ついこうしなさいと言ってしまう」等とご家族同士で経験を話し合われる事もありました。

次回の家族教室は、6月10日(土)に「○○したいはリカバリーの第一歩」をテーマにシンポジウムを開催予定です。みなさまのご参加をお待ちしております。

5kazoku