【7月家族教室より】

「統合失調症の症状と経過について」のテーマで家族教室が行われ、8家族のご参加がありました。
お話しの中では、当事者の方に陽性症状・陰性症状があっても認知機能が保たれていれば社会に適応でき、リハビリとご家族の協力や周りのバックアップがあれば社会で生活出来ること紹介され、あきらめない事が大切とお話しがありました。
ご参加の皆様からの質疑では具体的な例もあがり「この機会に聞きたい事が聞けて良かった。」との感想を頂きました。今後も当事者の方はもちろんご家族様の支援が、充実したものになるよう継続していきたいと思います。

H29