平成30年5月19日(土)

岡部病院合同講演会「働くとは~働きたいと思ったときがリカバリーの第一歩~」が開催されました。当事者、家族あわせて40名弱参加されました。

働くとは、という人間とは切っても切り離せないテーマですが、当事者、家族、支援者はいったいどうしたらと悩むテーマです。そういうテーマを、当事者で働かれている方、障害者職業センターの方、ワークプラザますいずみ中村氏、持月氏、それぞれの視点で語っていただきました。

働くための制度について学べたことが良かったですし、当事者の方がはにかみながら「働けて本当によかったです」と最後につづった言葉がとても印象的で素敵でした。後半の意見交換会でも、いろいろな意見が聞かれ、“自分が”“自分の家族が”働くとなるとどういった支援や制度があるのか、そういった質問や悩みが、当事者、ご家族、支援者から活発に聞かれました。

昨年に続き、シンポジウム形式での講演会は2回目です。ざっくばらんに意見交換をし合えたことは、とても良かったと感じています。当事者の方やご家族にもそう思っていただける会を今後も目指して行きたいと感じています。

HP掲載用3HP掲載用HP掲載用2HP掲載用4